新生銀行総合口座開設のメリット・デメリット・評判 |Tポイントやdポイントが簡単に貯まる

新生銀行はネット銀行のイメージがある人は多いと思います。しかし実際のところ、実店舗が首都圏を中心に全国29店舗ある一般銀行です。

ただ手数料や預金の利率はネット銀行の平均水準以上であり、ネット銀行特有の弱点である、対面で対応してもらえないといった不安が無くなる「ネット銀行と一般銀行」のいいとこ取りの銀行です。

今回そんな新生銀行総合口座(パワーフレックス)を開設する事でどんなメリットやデメリットがあるのか、また評判はどうなのかについて解説していきます。

新生銀行とは?

新生銀行の概要

 

うさ丸
新生銀行と言えばカードローンのレイクのイメージが強いゴラ。
ロリス博士
うさ丸君と同じイメージの人も一定数いそうでリス。一体どんな銀行なのかこれから紹介していくでリス。
運営会社株式会社新生銀行 / Shinsei Bank, Limited
創立昭和27年12月
本社所在地東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビル
代表取締役社長工藤 英之
資本金5,122億円
預金(譲渡性預金を含む(連結))5兆9,221億円
公式サイト新生銀行公式サイト>

新生銀行誕生までの簡単なあゆみ

新生銀行は2000年に日本長期投資銀行が商号変更する事で誕生しました。2004年には東京証券取引所第一部へ上場し、長期信用銀行からふつう銀行への転換も行われました。

2011年にはCM等でお馴染みのカードローン「レイク」がサービスを開始しました。また2013年にはコンビニATMサービスと提携したり、2014年には投資信託申し込みプログラムの「NISAプラス」を開始したりする事で業務を拡大、多様化させてきました。

新生総合口座パワーフレックスとは?

新生銀行の総合口座の名称です。
新生銀行で開設いただいた口座はすべて新生総合口座パワーフレックスとなります。

新生総合口座パワーフレックスは、円預金・仕組預金・外貨預金・投資信託・金融商品仲介・保険など様々な商品をひとつの口座で管理することができます。
ATM、新生パワーコール(テレフォンバンキング)、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)で365日、いつでもご利用いただけるのが最大の特長です。

引用元:新生銀行公式サイト

 

うさ丸
そろそろ本題の口座開設のメリットを教えてくれゴラ。
ロリス博士
そうでリスね。今から新生銀行口座開設のメリットについて解説していくでリス。

 

新生銀行のメリット

1:普段使いや資産運用でポイントが貯まる

この新生ポイントプログラムは毎月のエントリーこそ必要ですが、想像以上にポイントが貯まります。

Tポイントユーザー、dポイントユーザー、nanacoポイントユーザーは特に必見です。

では一体、どんな時にポイントが貯まるのか今から紹介していきます。

普段使いの場合

  • エントリー:1ポイント
  • ログイン:3ポイント
  • メールアドレス登録:3ポイント
  • 振込入金:1回あたり25ポイント
  • 口座振替登録:1回あたり50ポイント

外貨預金の場合

  • 10万円以上の外貨預金:20ポイント
  • 50万円以上の外貨預金:100ポイント
  • 100万円以上の外貨預金:200ポイント

資産運用の場合

  • WEB来店予約:1回あたり50ポイント(年2回まで)
  • 金銭信託:50万円以上で200ポイント
  • 資産運用商品(投資信託、仕組預金):30万円以上で200ポイント
  • 10万円以上のTHEO+新生銀行:20ポイント
  • 50万円以上のTHEO+新生銀行:100ポイント
  • 100万円以上のTHEO+新生銀行:200ポイント

積立の場合

  • 積立投資信託:10ポイント
  • 積立外貨預金:10ポイント
  • THEO+新生銀行の積立:10ポイント

プリペイドカードの場合

  • 海外ATM利用:1回あたり50ポイント
  • カードショッピング利用:200円につき2ポイント

※細かな条件等ありますので詳しくは、新生銀行公式サイトをご覧ください。

他の銀行と比較しても新生銀行のポイントプログラムは貯める為のハードルが低いです。このように簡単にポイントが貯まっておトクなのは新生銀行パワーフレックス口座の大きなメリットの一つです。

 

2:出金や振込が便利で簡単

全国どこでも使える提携ATM約10万台を24時間365日いつでも何度でも使う事が出来ます。

ほとんど全てのコンビニATMを網羅しているので、もし「財布にお金が入ってない」といった場合でも近くのコンビニですぐに出金する事が出来ます。

また自身の「新生銀行ステップアッププログラム」のステージによっては、ATM出金時の手数料がかかりません。(「新生スタンダート」の方は一回あたり一律で108円のATM出金手数料が発生します。)

新生銀行ステップアッププログラム

プラチナに関してはハードルが高い為、ここではゴールドでハードルの低いステージ条件を紹介します。

  • 「円普通預金・パワー預金・2週間満期預金」:月間平均残高が100万円以上
  • 「外貨普通預金・2週間満期普通預金・外貨定期預金・投資信託」:月間平均残高が30万円以上
  • 「外貨預金の積立」:月1万円以上
  • 「投資信託の積立」:月5千円以上
  • 「THEO+新生銀行の積立」:月1万円以上

おそらく上記の項目は比較的クリアしやすいのではないでしょうか。

ちなみにですが、個人的には積立が一番クリアしやすいですし、運用としてもオススメできる商品ではないかと考えています。月1万円の運用する事でいつでもコンビニATMを自由に使えるのは、新生銀行の大きなメリットです。

また新生銀行ステップアッププログラムのステージが新生ゴールドだと、インターネットで振込をする際も非常にお得です。

基本となる新生スタンダートの状態ですと、インターネットでの振込回数は月に1回しか無料で使えませんが、新生ゴールドの状態ですと、月に5回も無料になりますし、上限回数を超えた場合の手数料も安く抑える事が出来ます。

 

3:キャッシュカードの色を選ぶ事ができる

個人的にこの「キャッシュカードの色を選べる」というのは斬新な素晴らしいサービスだと思っています。

自分のラッキーカラーのカードも持ちたいという人は比較的多いのではないかと思っています。また銀行のカードの色は被ることがたまにあるのですが、新生銀行はキャッシュカードの色を選べるので、今持っている銀行のキャッシュカードと被る事はありません。

自分の好きな色のカードでお洒落に買い物や入出金できるというのも新生銀行の魅力です。

 

 

新生銀行のデメリット

1:新生スタンダードの上限以降手数料が割高

新生銀行ステップアッププログラムのステージが「新生スタンダード」だと、手数料の面でもったいない事になります。特に「新生スタンダード」だとインターネットでの振込手数料が2回目からは308円もかかります。

他のネット銀行と比較しても308円は比較的高めの手数料となっているのでよく振込を使うという人は注意が必要となります。

他行あて振込手数料比較表

銀行名無料回数
新生銀行月1回〜10回(以降はステージに応じて103円〜308円)
GMOあおぞらネット銀行月1回〜15回(以降は143円)
住信SBIネット銀行月1回〜15回(以降は142円)
ソニー銀行月1回〜11回(以降は200円)
楽天銀行月0回〜3回(以降は152円〜238円)
イオン銀行月0回〜5回(以降は200円)

この表を見ていただくと、振込に限った話であれば、GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行が一歩リードしている事がわかると思います。

ただ新生銀行のステージが「新生プラチナ」になると、上限回数を超えた場合の手数料が103円と業界最安水準になるというのは忘れてはなりません。

つまり新生銀行を利用する場合は、「新生スタンダード」ではもったいないので「新生ゴールド」や「新生プラチナ」になるように新生ステップアッププログラムをしっかりと管理しておきましょう。

 

2:実店舗での振込が高い

冒頭で実店舗が首都圏を中心に全国29店舗あるという事をお伝えしましたが、基本的には資産運用などの相談メインで使った方が良さそうです。

というのもインターネットでなく、実店舗で振込をすると自行・他行関係なく、617円の手数料がかかってきます。

振込に関してはどうしてもやり方がわからない場合を除き、インターネットを利用して振込ましょう。

 

 

新生銀行の評判

口コミ

東京都:Oさん(47歳・女性)
ネット銀行だけど、実店舗がある安心感が良いです。


兵庫県:Fさん(35歳・男性)

投資信託5千円積立してるけど、これだけで新生ゴールドステージになれるのは簡単で良いね。

Twitter上の口コミ

評判をまとめると、要するに ネット銀行と実店舗のいいとこ取りの新生銀行は、ポイント(Tポイント・nanacoポイント・d ポイント)を貯めるのが簡単で、口座開設もアプリで5分で開設できる優良な銀行という事です。

新生銀行総合口座パワーフレックスは開設しておいて損するものでは無いので、これを機に開設しておきましょう。

 

 

まとめ

ネット銀行でありながら実店舗もあるのが新生銀行の特長
新生銀行総合口座はポイントが簡単に貯まる仕組みが盛り沢山
ステータスステージは新生ゴールド以上がおトク
ネット銀行と実店舗のハイブリッドである新生銀行は一般銀行に比べ、出金や振込が簡単でおトク
新生銀行の評判は上々で十分に満足できる水準
新生銀行のアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!