楽天銀行のメリット・デメリットを元銀行員が解説|普通預金金利100倍を実現する口座開設方法の裏技

楽天銀行は2010年5月にイーバンク銀行株式会社から社名変更して誕生した日本のネット銀行です。かの有名な楽天カード株式会社を親会社に持つ新形態の会社で、2018年12月時点での口座開設者数は700万人を突破しており、ネット銀行業界の最大手の顧客数を保有しています。

今回なぜこんなにも【楽天銀行】が人気なのか、口座開設する事でどんなメリットやデメリットがあるのか、そして評判は良いのかどうか、しっかりと解説していきます。

楽天銀行公式サイト>

楽天銀行

楽天銀行とは?

楽天銀行の概要

 

うさ丸
楽天カードや楽天市場はよくわかってるけど、楽天銀行って何のことだゴラ?
ロリス博士
うさ丸くんの意見も一理あるでリス。今から紹介するでリス。
運営会社楽天銀行株式会社
設立時期2000年1月(2010年5月に社名変更)
主要株主楽天カード株式会社
資本金259億5,400万円
預金残高2兆4,806億3,200万円
公式サイト楽天銀行公式サイト

楽天銀行誕生までの簡単な歴史

楽天銀行誕生までの歴史は、電子決済中心にスタートするところから始まった。一番初めの一歩は、2000年1月に銀行設立を目的とした日本電子決済企画株式会社として設立した事である。

そして二歩目は銀行登録免許の予備審査が終了した2001年6月にイーバンク銀行株式会社に社名変更し、同7月に銀行免許を取得し営業開始した事。

最後に三歩目が2008年楽天株式会社と資本提携し、楽天の子会社となり、2010年に商号変更でようやく今の名前の【楽天銀行】が誕生した。

 

うさ丸
もう楽天銀行の歴史はいいから、口座開設のメリットなんかを教えてくれゴラ。
ロリス博士
うさ丸くんのいう通り、楽天銀行の口座開設のメリットについて見ていくよ。

 

楽天銀行

楽天銀行のメリット

1:楽天スーパーポイントがザクザク貯まる!

エントリー&新規入会&ご利用で1,000ポイントゲット


楽天ユーザーにとっては何より、楽天スーパーポイントが貯まるというのが嬉しいですよね。年会費が永年無料で、100円買い物する毎に1ポイント貰えるというのは地味に大きなメリットです。

ただ、楽天銀行の凄いところは、それだけでなく「エントリー&新規入会&利用」するだけでもれなく1,000ポイントプレゼントしている点です。1,000円プレゼントと同等の価値がありますので、相当太っ腹なサービスですよね。

 

うさ丸
1,000ポイント獲得方法をもっとわかりやすく教えろゴラ!
ロリス博士
うさ丸くんの楽天スーパーポイントへの情熱が溢れ出てるでリス…。下の画像を見てくれリス。

うさ丸
めっちゃ簡単ですやんゴラ…。
ロリス博士
1,000ポイント獲得のハードルが低いのもさすが楽天銀行と行ったところでリス。

2:ハッピープログラムが優秀!(楽天スーパーポイント・手数料優遇)

なんとハッピープログラムにエントリーするだけで、楽天スーパーポイントの獲得倍率が3倍になったり、ATM手数料が最大月7回無料と振込手数料が最大月3回無料になったりする可能性があります。
下の画像でハッピープログラムの判定条件を見ることが出来ますが、スーパーVIPに関してはなかなか厳しいと思われる人も多いことでしょう。ただプレミアム(楽天スーパーポイント2倍付与)やVIP(楽天スーパーポイント3倍付与)の判定条件を満たせる人は結構いるはずです。
買い物する度に楽天スーパーポイントを効率良く貯めたい方は必ず、ハッピープログラムにエントリーしておきましょう。
※新規口座開設の場合→6ヶ月間ATM利用回数が月5回まで無料の特典もあります。

 

スマホ管理が簡単!

楽天銀行はスマホ管理に力を入れており、パソコン、iPhone、Androidどれでも操作が簡単に出来ます。下の画像を見ていただくと一目でわかりやすい表示になっていると思います。指紋認証にも対応し、直感的な操作性に優れているのも楽天銀行の大きなメリットですね。

 

3:マネーブリッジ登録で普通預金の金利が5倍UP!

元の金利も年0.02%とメガバンクや地方銀行に比べると高いのですが、マネーブリッジ登録するとさらに金利がアップし、5倍の年0.10%になります。

これはメガバンクや地方銀行の年0.001%と比較すると100倍の数値となります。

うさ丸
普通預金金利が年0.10%で凄いのはわかるけど、マネーブリッジ口座ってなんだゴラ?
ロリス博士
さすが!目の付け所が鋭いでリスね。

マネーブリッジとは?

マネーブリッジとは、楽天銀行と楽天証券が共同提供する口座連携サービスの事です。普通預金の金利が通常の5倍にアップするだけでなく、銀行と証券間の資金移動がスムーズになったり、サービスの利用に応じて『楽天スーパーポイント』を獲得できるお得なサービスです。

また楽天銀行の口座開設(無料)に加え、楽天証券の口座開設(無料)とマネーブリッジ登録(無料)するだけでもれなく1,000円貰えるのでおトクがギッシリと詰まっています。
平たく言えば無料登録をするだけで1,000円貰えますので、併せて登録を済ましておきましょう。

4:おトクなキャンペーンが豊富!

こんなキャンペーンがあるのは、楽天ゴールデンイーグルスやヴィッセル神戸を運営している楽天ならではのものですよね。預入金額に上限はありますが、金利が年1.0%付いたら嬉しいですし、何よりワクワク感が生まれる楽しいキャンペーンだなという印象を受けました。
※今日(2019年4月22日)現在の情報ですが、楽天銀行は17ものキャンペーンを実施していました。
ロリス博士
さすが楽天でリスね。楽しみがたくさん用意されているでリス。
うさ丸
メリットはよく分かったけど、デメリットはあるのかゴラ?
ロリス博士
デメリットというデメリットも見つから無いけど、少し物足りないところを解説するリス。

 

楽天銀行のキャンペーンはこちら

 

楽天銀行のデメリット

1:コンビニATM出金手数料と他行あて振込手数料の無料回数が少し物足りない

コンビニATM出金手数料比較表

銀行名無料回数
GMOあおぞらネット銀行月2回〜15回(以降は100円)
住信SBIネット銀行月2回〜15回(以降は100円)
ソニー銀行月4回〜無制限(以降は100円)
楽天銀行月0回〜7回(以降はコンビニにより200円or250円)
イオン銀行月0回〜5回(以降は時間帯により100円or200円)

※出金できるコンビニATMの種類は各銀行により異なります。(2019年4月20日現在)

他行あて振込手数料比較表

銀行名無料回数
GMOあおぞらネット銀行月1回〜15回(以降は143円)
住信SBIネット銀行月1回〜15回(以降は142円)
ソニー銀行月1回〜11回(以降は200円)
楽天銀行月0回〜3回(以降は152円〜238円)
イオン銀行月0回〜5回(以降は200円)

(2019年4月20日現在)

上の2つの表を見ていただくとわかりますが、コンビニATM出金手数料と他行あて振込無料回数ではGMOあおぞらネット銀行住信SBIネット銀行には敵いません。

ただ楽天銀行はその分楽天ポイントが貯まりやすい仕組みなので、コンビニATM出金や他行あての振込をあまりしないという人には楽天銀行を選ぶといいでしょう。

 

楽天銀行

 

楽天銀行の評判

口コミ

東京都:Kさん(25歳・男性)
自分の銀行でもスマホ管理できるアプリが実装されているが、楽天銀行の方がわかりやすいと思った。


大阪府:Iさん(25歳・女性)
楽天が運営している安心感は大きいね。

Twitter上の口コミ


評判・口コミをまとめると、楽天が運営している安心感に好感を示している人や楽天銀行を上手く使ってポイントをゲットしている人が多いということがわかりました。 また楽天銀行のパンダカードが可愛いみたいですね。どんなカードなのか公式サイトから確認してみてください。

 

楽天銀行で口座開設する

 

まとめ

大手企業の楽天を親会社に持つ安心感は絶大
楽天スーパーポイントをザクザク貯めるには楽天銀行が重要
独自のプログラムやキャンペーンが優秀でワクワク感あり
マネーブリッジ登録で普通預金の金利がメガバンクや地銀比で100倍の年0.10パーセントになる
楽天銀行は口コミや評判がとても良い
楽天銀行
楽天銀行
楽天銀行のメリット・デメリット・評判
最新情報をチェックしよう!