ふるさと本舗のメリット・デメリットを徹底解説|気になる評判・口コミとは?【2019最新版】

【2019/12/1更新】

【この記事はFPが監修しています】

 

ロリス博士
元銀行員で現FPブロガーのロリス博士です。今回ふるさと納税おすすめサイトを中心に解説していくよ!

 

この記事はこんな方にオススメ

  • ふるさと納税ポータルサイト選びで迷っている方
  • ふるさと本舗の【メリット・デメリット】や【口コミ・評判】を知りたい方
  • ふるさと本舗でふるさと納税を簡単に完了する方法を知りたい方

 

ふるさと本舗は、何と言ってもAmazonギフト券5%還元(ふるさと納税サイトNo. 1)が非常に魅力的でお得です!

還元率30%以下に抑えなければならない現在、ふるさと本舗の様なAmazonギフト券を上乗せして還元してくれるサイトは貴重です。

どこでふるさと納税をするか迷っている方、少しでもお得にふるさと納税したい方は、ふるさと本舗を選んでおけば間違いありません。

▼ 【期間限定】Amazonギフト券5倍増量キャンペーン中 ▼

ふるさと本舗公式サイト

▼ 間違いない高還元率返礼品ランキングTOP5 ▼

 

ロリス博士
今なら期間限定で、上記還元率にそれぞれ3%分のAmazonギフト券が付いてくるよ。

ふるさと本舗の特徴

  • Amazonギフト券の還元率が業界最高峰でお得。
  • 控除シミュレーションが細かく設定できるので他サイトよりも正確。

ふるさと本舗で開催中のキャンペーン

Amazonギフト券増量還元キャンペーン(2019/12/1〜2019/12/31)

参加条件

  • ふるさと本舗(登録無料)に登録済みでログインされた状態で行われた1万円以上の寄付。
  • 寄付申し込みフォームの決済情報入力画面にある「キャンペーンコード」部分に、キャンペーンコードを入力。

特典

  • 還元されるAmazonギフト券が1%→5%に増量(通常の5倍)

キャンペーンコードはこちら

ふるさと本舗の総合評価

使いやすさ品揃えお得さ
ABS
ふるなびのおすすめ度 4.0

▼ 【期間限定】Amazonギフト券5倍増量キャンペーン中 ▼

ふるさと本舗公式サイト

▼ 関連記事 ▼

関連記事

【2019/12/7更新】【この記事はFPが監修しています】 ロリス博士元銀行員で現FPブロガーのロリス博士です。今回ふるさと納税おすすめサイトを中心に解説していくよ! […]

 

ロリス博士
ふるさと本舗の【メリット・デメリット】や【評判・口コミ】について詳しく見ていくよ!

 

銀行で働いていた当時の事ですが、よくお客様に「ふるさと納税について教えてほしい」と頼まれました。

興味があってもふるさと納税のやり方などが分からない方は沢山いらっしゃいます。

最初は不安も多いと思いますが、一度やれば、二度目以降は非常に簡単なので、節税に向けた最初の一歩を頑張りましょう。

ふるさと納税の基本

 

ロリス博士
まずは以下の動画を見よう。ふるなびの動画だけどふるさと本舗でも使える知識ばかりだよ。

 

▼ まずは動画でおさらい(約1分) ▼

ふるさと納税とは?

「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

引用元:総務省ふるさと納税ポータルサイト(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/about/

つまりふるさと納税とは、あなたの生まれ故郷やあなたが応援したいと思う自治体に寄付ができる制度の事。

寄附金のうち2,000円を超える部分については所得税と住民税の還付・控除があり、寄附した自治体からはお礼の品として特産品や宿泊券などが貰える。

 

うさ丸
全額が控除の対象…のところもっとわかりやすく教えてくれない?
ロリス博士
控除って言葉が難しいよね。

 

控除とは?

控除とは税金がかかる部分を差し引くという意味。

例えばふるさと納税分が全額控除という言葉は、ふるさと納税で寄付した金額だけ、本来税金がかかる部分から差し引きますという事である。

ふるさと納税はなぜ人気なのか?

ふるさと納税が人気の理由

  • 豪華な返礼品が貰えるお得さ
  • 自分の好きな地域の役に立てる社会的貢献性

主にこの2点が人気を集める理由ですが、大半の人が上の「豪華な返礼品が貰えるお得さ」に惹かれて始めています。

 

ロリス博士
大事な部分だからもう一度詳しく説明するね。

 

例えばどこかの自治体に3万円寄付したとします。

そうすると自分が住んでいる地域の自治体に税額の控除通知があり、翌年支払う税金が2万8千円安くなります。(※2千円は国庫へ)

さらに寄付した自治体からお礼の返礼品が貰えます。

イメージとすれば、翌年払う予定だった税金を前払いするだけで、豪華な返礼品を受け取れるというイメージです。

▼ 上記例のイメージ図 ▼

 

うさ丸
2,000円を除いた金額すべてが控除の対象になって、なおかつ豪華な返礼品を受け取れるって事?

 

ロリス博士
そうだよ。普通の寄付とは一味も二味も違うからね。

 

ふるさと納税の対象者とは?

所得税と住民税を納めている人なら基本的に全員対象となります。

正直なところやらないと損です。

(※寄付をして、所得税と住民税の還付・控除できる金額には上限がありますので注意が必要です。)

▼ 最短1分でシミュレーション完了 ▼

控除上限額シミュレーション

 

ロリス博士
多少手間がかかってでも正確な上限額を知りたい方は【詳細版】をおすすめします。

 

ふるさと納税の簡単な流れ

▼ まだ動画を観ていない方はまずこちらをチェック(約1分) ▼

ワンストップ特例制度(会社員向け)

確定申告(主に個人事業主・フリーランス向け)

 

  • ふるさと納税サイトでシミュレーションを取り、何円までふるさと納税出来るのか確認する。
  • ふるさと納税サイトで返礼品を選び、寄附する。

 

ロリス博士
とりあえず上記2点だけは押さえておこう!

 

 

ふるさと本舗の概要

運営会社株式会社ふるさと本舗
本社東京都渋谷区道玄坂1丁目 21-1渋谷ソラスタ15F
資本金5,000万円
代表取締役CEO船方 翔馬
筆頭株主株式会社VOYAGE GROUP(100%)(東証一部上場)
公式サイト公式サイト>

 

 

ふるさと本舗の使い方

 

ロリス博士
ふるさと納税をした事ない方向けにふるさと本舗の使い方を伝授していくよ。

 

1:「ふるさと本舗公式サイト」を開く

ふるさと本舗公式サイト

 

2:画面上部右側の「無料会員登録」クリックし、登録(※無料会員登録をしていないとAmazonギフト券3%還元されません)

 

3:受信可能なメールアドレスを入力し、「メールを送る」ボタンをクリック

 

4:届いたメールを開き、パスワードを入力後、「会員登録」ボタンをクリック

 

5:TOPページに戻り、画面上部真ん中の「寄付可能額をしらべる」をクリック

控除上限額シミュレーション

6:必要な情報を入力し、控除上限額を調べる

 

7:好きな返礼品を上限金額の範囲内で選び、「カートに入れる」ボタンをクリック

 

8:選んだ返礼品が間違いないか確認し、「決済画面に進む」ボタンをクリック

 

9:寄付者情報を全て入力し、「次へ」ボタンをクリック

 

10: 決済情報とキャンペーンコードを入力し、「確認画面へ」ボタンをクリック

 

11:入力情報に間違いがないか確認し、「申込みを確定」ボタンをクリックし、申込完了

 

12:返礼品と証明書を受け取る(後日)

13:税金控除の申請を行う(後日)

 

 

ふるさと本舗のメリット

ふるさと本舗特有のメリット一覧

  • Amazonギフト券が最大で5%も還元される
  • ふるさと納税定期便が充実
  • 控除シミュレーション機能が豊富

1:Amazonギフト券が最大で5%も還元される

 

ロリス博士
上図は2019年6月のものだから還元率が違うね。ただ、2019年12月も5%還元に期待出来そうだよ。【追記】2019年12月も5%還元が決定しました!

 

個人的にはこのAmazonギフト券コードの還元が【ふるさと本舗】でふるさと納税をする最大のメリットだと思っています。

筆者の予想にはなりますが、Amazonギフト券還元がある競合大手の「ふるなび」に対抗すべく、恐らく2019年12月の還元率は【ふるさと本舗】が5%でトップになると予想しています。

→実際に2019年12月1日〜2019/12/31まで5%増量キャンペーンが決定しました。

他ふるさと納税サイトを抑えて、【ふるさと本舗】が圧倒的にNo. 1のAmazonギフト券の還元率になっています。

 

例えば10万円ふるさと納税したとします。

その場合Amazonギフト券が5,000円還元される為、単純比較で他サイトよりも5,000円お得にふるさと納税できることになります。

当然のことですが、納税額が増えれば、その差はさらに大きくなります。

 

うさ丸
ど、どんな条件を満たせばAmazonギフト券が還元されるんだい?
ロリス博士
それはこれから解説するよ。

 

Amazonギフト券が還元されるための条件

要するにふるさと本舗会員がしっかりとログインを確認した上で、ふるさと本舗の公式サイトからキャンペーンコードをコピーし、寄付申し込みフォームにしっかりとキャンペーンコードを入力すればAmazonギフト券が貰えます。

キャンペーンコードはこちら

 

2:ふるさと納税定期便が充実

ふるさと本舗TOPページの検索窓に「定期便」と入力すると2019年10月27日現在、153件の定期便がある事がわかりました。ふるさと本舗は元々返礼品の種類が多いわけでは無いという事を考えると充実している方ですね。

実はこの定期便かなり便利です。

というのもふるさと納税で頭を悩ませるよくあるケースが『冷凍庫に入りきらない』という問題だからです。

普通のふるさと納税では違う返礼品を何種類か選んだとしても、たまたま配送時期が被ってしまい、『届いたはいいけど、どこにしまおう…』という問題がたまに生じます。

しかしふるさと本舗の定期便のふるさと納税では、年間3回から12回に分けて返礼品が届くため、冷凍庫のスペースに頭を悩ませる必要が無くなります。

 

3:控除シミュレーション機能が豊富

これほど控除シミュレーション機能が豊富なのも、他サイトではなかなか見かけません。

「簡易版」「詳細版」「源泉徴収版」「個人事業主版」と自分にあったものを選べるというのはふるさと本舗特有の魅力です。

ちなみにですが、ふるさと納税は必ず控除上限の範囲内で行いましょう。

上限を超えてふるさと納税をしてしまうと少し損をしてしまいます。

 

 

ふるさと本舗のデメリット

1:自治体や返礼品の数が少ない

ふるさとチョイスやさとふるに比べると自治体や返礼品の数でだいぶ見劣りします。

ただそうは言っても「宮崎県都農町」などの有名どころの自治体や返礼品を抑えていますし、少ないとは言っても返礼品の総数は2,471品もあるので充分とも言えます。

上手く利用すればふるさと本舗はかなりおトクですが、『キャンペーンコード入力&ふるなび利用で総額100億円が当たるキャンペーン』も開催中で、返礼品の数も一定数確保されているふるなびには総合力で劣るというのが現状ですので、総合力アップに今後期待です。

ただ、確実性ならふるさと本舗が上です。

▼ 【期間限定】ふるなび利用金額分のAmazonギフト券コード還元チャンス ▼

ふるなび公式サイト

▼ 関連記事 ▼

ふるなびの【口コミ・評判】は悪い?|【メリット・デメリット】を元銀行員がわかりやすく解説

 

うさ丸
今後もっと増えていく事に期待だね。

 

他のふるさと納税サイト一覧

もしもふるさと本舗に欲しい返礼品が無いという事であれば、さとふるを併用しましょう。

さとふるは自治体数や返礼品が多く、返礼品が届くのが早いという特徴があります。

さとふる公式サイト

▼ 関連記事 ▼

人気No. 1【さとふる】メリット・デメリット・評判 | 初心者におすすめふるさと納税サイト

▼ 間違いない高還元率返礼品ランキングTOP3 ▼

 

また楽天市場をよく使う方で、もしもふるさと本舗が使いにくいという事であれば、楽天ふるさと納税を利用しましょう。

寄付する事で最大16%の楽天スーパーポイントが還元されます。

楽天ふるさと納税公式サイト

▼ 関連記事 ▼

楽天ふるさと納税のコスパが最強?|口コミ・メリット・デメリットを徹底解説!

▼ 間違いない高還元率返礼品ランキングTOP3 ▼

 

ふるさと納税ポータルサイト比較表

  • S最上級評価
  • A上級評価
  • B中級評価
  • C 下級評価

▼ 横スクロールしてください ▼

使いやすさ品揃えお得さ
ふるなびSAS
楽天ふるさと納税AAS
ふるさとプレミアムSBS
さとふるASA
ふるさと本舗ABS
ふるさとチョイスASC
ふるまるABA

 

 

ふるさと本舗の評判・口コミ

 

うさ丸
お米…お腹空いてきたよ…。

 

 

うさ丸
届いた食材でポトフ…もう我慢の限界だよ…。

 

 

ロリス博士
moppyみたいなポイントサイト経由だとAmazonギフト券還元されないから要注意だね。

 

▼ ふるさと本舗の最新人気返礼品ランキング ▼

 

ふるさと本舗に関するまとめ

ふるさと本舗は、何と言ってもAmazonギフト券5%還元が非常に魅力的でお得です!

返礼品の数こそ少ないですが、裏を返せばそれだけ厳選されている証拠です。

当記事で紹介した「間違いない高還元率返礼品ランキングTOP5」は、既に厳選された返礼品の中からさらに厳選したものなので、自信をもっておすすめします。

どこでふるさと納税をするか迷っている方、少しでもお得にふるさと納税したい方は、破格のAmazonギフト券5%還元中(2019/12/31まで)のふるさと本舗を選んでおけば間違いありません。

▼ 【期間限定】Amazonギフト券5倍増量キャンペーン中 ▼

ふるさと本舗公式サイト

▼ 間違いない高還元率返礼品ランキングTOP5 ▼

▼ ふるさと本舗の最新人気返礼品ランキング ▼

最新情報をチェックしよう!