【駆け込み必須】ふるさと納税を12月(年内)に終わらせないと損する理由と楽な手続き方法【2019最新版】

【2019/12/5更新】
【この記事はFPが監修しています】

 

ロリス博士
元銀行員で現FPブロガーのロリス博士です。

 

  • 「何で年内に終わらせる必要があるのだろう?」
  • 「駆け込んでいい事あるの?」
  • 「損するってどういう事?」
  • 「損しない為には何をしたらいいの?」

このような悩みや疑問を持っている方は多いです。

そこでこの記事では上記の悩みや疑問を解決する為にわかりやすく解説して行きます。

 

もしも、解説は不要で、手っ取り早くふるさと納税を終わらせたいという方は以下の記事をご覧ください。

▼ ふるさと納税サイト選びで迷っている方はこちら ▼

関連記事

【2019/12/21更新】【この記事はFPが監修しています】 ロリス博士元銀行員で現FPブロガーのロリス博士です。今回ふるさと納税おすすめサイトを中心に解説していくよ! […]

▼ これさえ選んどけば間違いなしの高還元率返礼品 ▼

関連記事

【2019/12/21更新】【この記事はFPが監修しています】 ロリス博士元銀行員で現FPブロガーのロリス博士です。今回は【ふるなび】おすすめの高還元率返礼品について解説していくよ。&n[…]

▼ 年収1,000万円以上の方におすすめの返礼品 ▼

関連記事

【2019/12/9更新】【この記事はFPが監修しています】 ロリス博士元銀行員でFPブロガーのロリス博士です!この記事では年収1,000万円以上の方向けに、贅沢かつ堅実なおすすめの返礼[…]

高額納税者専用のふるさと納税アイキャッチ画像

なぜ12月にふるさと納税の駆け込みが増えるのか

ロリス博士
ずばり理由は2つあります!

 

  • メディアの煽り
  • 自営業やフリーランスの売上が確定

メディアの煽り

12月が近づくとテレビやニュースで「ふるさと納税」に関する特集がよく取り上げられます。

ただ、これは少しでも節税・節約したい方にとって非常にありがたい事です。

というのも、12月を超えるとその年度分のふるさと納税での節税効果が無くなってしまうからです。

要するに…

※2019年1月1日から2019年12月31日までにふるさと納税した分は2019年の収入に対して控除され、2020年1月1日から2020年12月31日にふるさと納税した分は2020年の収入に対して控除されます。

 

もしも今年度(2019年)にふるさと納税をまだしていないという方は今すぐふるさと納税しておきましょう。

筆者おすすめのふるさと納税ポータルサイトはふるなびです。

その中でもこれさえ選んでおけば間違いなしの返礼品が還元率105%超の”佐賀県上峰町「佐賀産和牛切り落とし1000g&黄金ハンバーグ150g 1個」。筆者も寄付経験あるのですが、味も保証します!

以下の返礼品はふるなびの中でも特に還元率の高い返礼品なのでオススメです!

▼ 比較画像ありの参考記事 ▼

関連記事

【2019/12/21更新】【この記事はFPが監修しています】 ロリス博士元銀行員で現FPブロガーのロリス博士です。今回は【ふるなび】おすすめの高還元率返礼品について解説していくよ。&n[…]

ファミリーや料理する方におすすめ

単身の方や料理しない方におすすめ

 

自営業やフリーランスの売上が確定

自営業やフリーランスは必ず12月(年度末)締なので、1年の売上が確定するのが12月です。

(※企業は決算期によって変わります)

自営業やフリーランスは固定給では無い為、1年の売上(収入)がどのくらいになるのか見通しが立ちません。

見通しが立たないと、何円分ふるさと納税できるのかの控除上限額を計算する事が出来ないので、手続きに進む事が出来ません。

以上の理由から売上(収入)がほぼ確定する12月は自営業やフリーランスの駆け込みが増えます。

▼ 収入がある程度確定した方は控除上限額を調べましょう ▼

控除上限額シミュレーション

 

 

12月までにふるさと納税しないと損する理由

上述しましたが、大事な部分ですので、もう一度解説します。

損する理由

※2019年1月1日から2019年12月31日までにふるさと納税した分は2019年の収入に対して控除され、2020年1月1日から2020年12月31日にふるさと納税した分は2020年の収入に対して控除されます。

もしも2019年12月31日までにふるさと納税をするのを忘れていて、2020年の1月にふるさと納税をしてしまうと、2019年度のふるさと納税における節税効果は無くなります。

ふるさと納税の旨味やメリット(税金分のお金で豪華な返礼品を貰える)を引き出す為にも必ず12月31日までにふるさと納税を終わらせましょう。

 

 

【駆け込み必須】ふるさと納税を楽に終わらせる方法

以下のツイートの様にふるさと納税は面倒だと敬遠されがちです。

 

ロリス博士
まあ分からなくも無い。でもほんの10分手続きするだけでこんなにお得になる事は、他には絶対無いのでやっておくべき。

 

ふるさと納税で時間がかかってしまう大きな要因は返礼品選びです。

控除上限額のシミュレーションを取り、返礼品を選んで寄附をすればふるさと納税は完了します。

控除する為のその後の手続きもありますが、要領を掴めばすぐ終わります。

その後の手続きについては以下の記事をご覧ください。

▼ 会社員の方向けの手続き ▼

関連記事

【2019/8/28更新】【この記事はFPが監修しています】 ロリス博士こんにちは。元銀行員で現FPブロガーのロリス博士です。今回サラリーマンやOLの方向けにふるさと納税の手続きや注意点を解説し[…]

会社員のふるさと納税アイキャッチ画像

▼ 自営業やフリーランスの方向けの手続き ▼

関連記事

【2019/9/3更新】【この記事はFPが監修しています】 ロリス博士こんにちは。元銀行員で現FPブロガーのロリス博士です。今回個人事業主・フリーランスの方向けにふるさと納税の手続きや注意点を解[…]

個人事業主・フリーランスのふるさと納税アイキャッチ画像

 

まずは、返礼品を選ぶ時間を最低限削ることが楽なふるさと納税の為のファーストステップです。

まだ控除上限額を調べていない人は今すぐシミュレーションを取り、返礼品選びに移りましょう。

▼ 1分もかからず終わります ▼

控除上限額シミュレーション

 

ロリス博士
返礼品選びの時間を短縮する為に、筆者が6時間以上かけて探した高還元率の返礼品を紹介するよ。正直これを選んでおけば間違いないというものばかりだよ。

 

【コスパ重視】おすすめの高還元率返礼品

ふるなび

以下の返礼品はふるなびの中で特に還元率の高い返礼品です!

ふるさと納税は返礼品探しが一番時間がかかるので、参考にお使いください。

▼ 比較画像ありの参考記事 ▼

関連記事

【2019/12/21更新】【この記事はFPが監修しています】 ロリス博士元銀行員で現FPブロガーのロリス博士です。今回は【ふるなび】おすすめの高還元率返礼品について解説していくよ。&n[…]

ファミリーや料理する方におすすめ

単身の方や料理しない方におすすめ

 

楽天ふるさと納税

以下の返礼品は楽天ふるさと納税の中で特に還元率の高い返礼品です!

▼ 比較画像ありの参考記事 ▼

関連記事

【2019/12/4更新】【この記事はFPが監修しています】 ロリス博士元銀行員で現FPブロガーのロリス博士です。今回は【楽天ふるさと納税】おすすめの高還元率返礼品について解説していくよ。[…]

楽天ふるさと納税のアイキャッチ画像

ファミリーや料理する方におすすめ

単身の方や料理しない方におすすめ

 

さとふる

以下の5つはさとふるの中で特に還元率の高い返礼品です!

▼ 比較画像ありの参考記事 ▼

関連記事

【2019/12/6更新】【この記事はFPが監修しています】 ロリス博士元銀行員で現FPブロガーのロリス博士です。今回は【さとふる】おすすめの高還元率返礼品について解説していくよ。&nb[…]

さとふるおすすめの高還元率返礼品5選のサムネイル

 

 

ロリス博士
ふるさと納税の駆け込み間に合ったかな?ふるさと納税が終わった方で、もっと節税したいという方はiDeCoやキャッシュレスについてもチェックしておこう!

 

▼ 【節税効果抜群】老後に向けた節税制度 ▼

関連記事

【2019/9/19更新】【この記事はFPが監修しています】 ロリス博士元銀行員で現FPブロガーのロリス博士です。今回、一見難しいと思われがちなiDeCoについて解説していくよ。&nbs[…]

初心者でもわかる個人型確定拠出年金

▼ キャッシュレスで還元を狙うならこの1枚 ▼

最新情報をチェックしよう!